PortaCloud
(専用クラウドサーバー)

コンテンツ管理

PortaStream内のコンテンツは専用のクラウドサーバー、PortaCloudで一元管理します。コンテンツのアップデート(入れ替え)は、PortaStreamとPortaCloudを同期させることで完了します。同期の方法は4G(LTE)、Ethernet、USBメモリーの3種類で、用途に応じて使い分けいただけます。また、同期の際にはPortaStreamの利用状況などのデータをアップロードすることも可能です。PortaCloudはPSVエディターで管理します。

PSVエディター

ティアックが提供する、PSVエディターのフォーマットを利用することで、
WEBページをカスタマイズしてコンテンツ制作が可能になります。

コンテンツ同期

PortaCloudとPortaStreamとの同期は、3通りから選択できます。

4G(LTE)で同期

小容量·短期コンテンツ向け
デイリーコンテンツ

機体が地上にあるときに、自動で同期を開始します。

4G(LTE)で同期

Ethernetで同期

大容量コンテンツ向け
月次コンテンツ映画TVプログラム

地上管理システムからの同期指示で、同期を開始します。

Ethernetで同期

USBメモリーで同期

大容量コンテンツ向け
月次コンテンツ映画TVプログラム

本体にUSBメモリーを接続すると、新しいデータを自動で検出。本体側の操作で、同期を開始します。

USBメモリーで同期